センター長 挨拶

新潟大学農学部附属
フィールド科学教育研究センター長
 山田 宜永(YAMADA Takahisa

 1949年(昭和24年)に新生国立大学として新潟大学が創立され、旧中蒲原郡村松町にあった新潟県農林専門学校(現・村松ステーション)を母体として新潟大学農学部が設立されました。また、佐渡の演習林も歴史は江戸時代に遡ります。2001年(平成13年)には、旧農学部附属農場を耕地生産部「村松ステーション、新通ステーション」として、附属演習林を森林生態部「佐渡ステーション」として、さらに新規設立の企画交流部が合体し、3教育研究部からなるフィールド科学教育研究センターが発足しました。  
 この間、企画交流部は対外連携の企画立案や事業を実践してきました。具体的には長岡市森光地区との地域交流、刈羽村のバイオドーム、新潟市農業活性化研究センター発足協議、五泉市との連携協定の締結や県内外の農業研究機関等との連携があります。森林生態部は朱鷺放鳥や佐渡の天然林紹介で、新聞テレビ等で報道される場面も多くありました。耕地生産部においては近隣住民の親子農業体験事業や五泉市立村松桜(旧愛宕)中学の農場実習等を実施してきました。 
 学部教育としては基礎農林学実習をはじめ、フィールドセンターは学部内外の実習の場として機能してきました。佐渡ステーションは2012年(平成24年)に文部科学省の教育共同利用拠点に認可され、学外の教育機関との連携を更に深めてきました。村松ステーションは五泉市ニット産業との連携事業やブランド乳製品の開発や五泉市立村松桜中学との教育連携を更に進めてきました。新通ステーションは新潟市西区との連携事業を通じて地域の農業教育を進めてきました。また、新潟市に新設される新潟市農業活性化研究センターとの連携も提案してきました。このように、フィールドセンターは地域連携またはフィールド教育の最前線で農学部の活動に大きく貢献してきました。 
 2019年(平成31年)4月より、森林生態部「佐渡ステーション」が全学共同教育研究組織の佐渡自然共生科学センターへ演習林として統合されたことに伴い、当センターは企画交流部と耕地生産部の2部門体制で再スタートをきることになりました。21世紀は農業・農学および環境の世紀といわれています。食料問題、気象変動、環境問題に待ったはありません。当センターは佐渡自然共生科学センター演習林や農学部の教員との緊密な連携により、周辺地域の農業・環境の問題に取り組み、地域連携およびフィールド教育・研究の担い手としてその最前線でありたいと思います。

                                                         20194