新潟大学|地域連携フードサイエンスセンター
組織概要 構成員 センターの活動 リンク ホーム
 
センターの主な活動

新潟大学地域連携フードサイエンス・センター  
特別シンポジウム 5
新潟大学 地域連携フードサイエンスセンター第5回特別シンポジウム
「災害食:災害時の食に求められるもの」を開催いたしました
日時:  2012年10月2日(火) 13:00〜17:00
画像
場所:  台東区生涯学習センター/ミレニアムホール
(東京都台東区西浅草)
対象:  防災関係者、栄養士、保健師、介護士、食品企業、一般
主催:  新潟大学 地域連携フードサイエンスセンター

後援: 

内閣府(防災担当)、農水省、厚労省、消防庁、台東区
日本防災士会、にいがた産業創造機構、防災情報新聞社、日本食糧新聞社、農林水産・食品産業技術振興協会、危機管理教育演習センター、危機管理対策機構、光琳、新潟大学産学地域連携推進センター (順不同)

 10月2日に災害食シンポジウム「災害食:災害時の食に求められるもの」を開催いたしました。保健師、栄養士、医療関係者、行政、地域防災、学校関係者など、全国から多数のご来場をいただきました。
【 講 演 】
「東日本大震災での医療活動と食の重要性」
  東北大学大学院 准教授 服部 佳功 氏
「首都直下地震への食の備え:現状と課題」
  都市防災研究所 主任研究員 守 茂昭  氏
「非常食から災害食へ 開発と課題」
  新潟大学客員教授/ホリカフーズ(株)
                別府 茂 氏 
「災害食に求められる機能と備え方」
  甲南女子大学名誉教授  奥田 和子 氏
【 意見交換 】
座長 門脇基二センター長(教授)
参加者とともに有意義な熱い意見交換がなされました
参考資料 都市防災研究所の取組み例
司会 藤村忍事務局長(准教授)
【 展示ブース 】
 会場ロビーでは、後援機関や関連企業等の約10機関のご協力をいただき、非常食、災害食、出版物の展示を行いました。新たな非常食、災害食の開発状況を知った、食の備えのイメージが掴めたなど、ご好評をいただきました。
 
プログラム要旨はこちら

関連項目
センターの活動へ