新潟大学|地域連携フードサイエンスセンター
組織概要 構成員 センターの活動 リンク ホーム
 
お知らせ
◆アグリビジネス創出フェア 2009に出展いたしました
 2009年11月25日〜27日、幕張メッセ(千葉県千葉市)で行われたアグリビジネス創出フェア2009(主催:農水省)に、新潟大学地域連携フードサイエンスセンターおよびセンター所属研究室が参加し、展示・発表を行いました。

 アグリビジネス創出フェアは毎年多くの来場者がある、産学官の研究成果展示会であり、大学、公的研究機関、民間企業等、合計158機関の展示や発表が行われました。このフェアは、農商工連携をテーマに、主として新しいビジネスを創出させるための研究紹介の場として発展してきました。新潟大学の新たな食品分野の取り組みを紹介するために、フードサイエンスセンターの名のもとに展示を行いました。

 この展示会は、第6回目であり、国内の食品関係企業の方が多く参加され、この場から数多くの共同研究が産まれています。
 今回から「アグロ・イノベーション2009」(主催:社団法人 日本能率協会 11/25〜11/27まで幕張メッセ 展示ブース5にて開催)との同時開催となり、会場も昨年までの東京国際フォーラムから幕張メッセに移動し、例年以上に大規模な開催となりました。
 来場者は、食品系企業、公的研究機関(農水省、都道府県)、大学等の方々で、研究などに関する種々の情報交換を行いました。

 このフェアは一般にも開放されており、本学への受験希望者や、卒業生も来場いたしました。
 
開会式
研究展示と紹介
災害食の試食
     
超高圧技術を用いたソーセージの試食
大坪 研一 教授によるセミナー
新潟大学ブースには多くの方が来場されました
今回参加した教員および学生スタッフ
アグリビジネス創出フェア2009 概要
○日時 2009年11月25日(水)〜27日(金)
○場所 幕張メッセ 展示ホール6 (千葉県千葉市)
○主催 農林水産省
○来場者 22,877人
○アグリビジネス創出フェア
  コーディネーター
藤村 忍 准教授
(地域連携フードサイエンスセンター事務局長)
○新潟大学地域連携フードサイエンスセンター ブース
・研究展示(食品技術ゾーン、ブースNo.19)
1) 農、工、医、歯、教育学系の連携によるフードサイエンスセンターの紹介
2)  アミロペクチン長鎖型の超硬質米の加工利用技術の開発  
  (大坪 研一 教授、中村 澄子 特任准教授)
3) 米タンパク質の新たな生体調節機能  
  (門脇 基二 教授)
4) 新潟清酒をモデルとした清酒の呈味要因の解析 
  (藤村 忍 准教授)
5) 高圧食品加工の紹介と食品・生体成分に及ぼす超高圧処理の特徴 
  (西海 理之 准教授、山本 州平 特任助教)
6) 食品の呈味及び物性評価からのソフト食の開発研究 
  (藤村 忍 准教授)
7) これからの非常食、災害食の開発 
  (別府 茂 特任教授)
8) 食料生産の基盤を担う新潟大学農学部の紹介
・セミナー
新潟における米利用研究 (大坪 研一 教授)
・ブース来訪者
企業、大学、国及び都道府県の関係機関等、本学受験希望者、卒業生、企業人事担当者、ほか
http://agribiz-fair.jp/index.html