新潟大学|地域連携フードサイエンスセンター
組織概要 構成員 センターの活動 リンク ホーム
 
お知らせ
 「ライスバレーの実現を目指して」
   米の栽培、生産から米加工品までの基礎研究、応用研究、企業化、市場などについて、米関係者によるライスバレーの実現と出口戦略について検討いたします。
 ライスバレーとは、米の育種、栽培、加工等に関する高度技術の集積地を指します。世界有数の集積地「新潟」について、連携による新たな展開に向けた集約と提言をいたします。
  日  時 平成23年11月25日(金)   
午前9:00〜12:00
  会  場 北里大学保健衛生専門学院
(新潟県南魚沼市黒土新田500)
最寄り駅:上越新幹線浦佐駅
  対  象 食品・健康・医療・農業関係者、一般
  参 加 費 無料
  主  催 新潟大学地域連携フードサイエンスセンター、
新潟県健康ビジネス協議会食部会

ポスター
 
【講演プログラム】

基調講演

「世界におけるコメ産業の位置づけ」
細坪 信二   危機管理教育&演習センター理事長

講演T 「農商工連携、地域資源、新連携に関する制度説明と海外展開の事例」
高橋多佳美   経済産業省関東経済産業局経営支援課長

講演U 「JAにおけるコメ販売と新たな事業展開について」
和田 浩信   JA魚沼みなみ専務理事

講演V 「米菓のアメリカ展開」
山田 博治   新潟大学農学部特任教授(元亀田製菓)

パネルディスカッション 
  「ライスバレーの出口戦略」
座長 門脇 基二   新潟大学フードサイエンスセンター長

  参加申込 健康ビジネスサミットうおぬま会議2011のHPにご登録ください
http://www.kenko-biz.jp/uonuma2011/
(当日、会場での申込も出来ます)
  *申込ページにて「23年11月25日(金)個別会義2(9:00〜12:00)」より、「ライスバレーの実現に向けて」をご選択ください。
 
  問 合 先

新潟大学 地域連携フードサイエンスセンター
nutr@agr.niigata-u.ac.jp  Tel&Fax: 025-262-6674 or 6613
または新潟県健康ビジネス協議会  Tel: 025-246-4233