氏  名 城 斗志夫  
所  属 自然科学系 生命・食料科学系列
農学部 応用生物化学科 応用生物化学
 
専  門 食品科学  
ホームページ
1) 所属学会名
  • 日本農芸化学会
  • 日本食品科学工学会
  • 日本菌学会
  • 日本きのこ学会
2) 地域や他機関との食品に関連する連携、委員等
  • 新潟県食品技術研究会役員(2003〜)
  • 新潟県食料産業クラスター協議会幹事長(2005〜2006)
  • 新潟県にいがた食の安全・安心審議会委員(2008〜)
  • 総合生協危機管理検討委員会委員(2008〜)
3) 食品に関連する主な共同研究等の実績(2000年以降)
  • 「甜菜糖製造等の農産廃棄物を利用した生理活性を含有する食品の開発」北海道糖業株式会社、2003〜2005
  • 「食用キノコの抗アレルギー作用成分を含む健康食品の開発」新潟TLO、2005、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構・大学発事業創出実用化研究開発事業費助成金(事前調査事業)
  • 「小麦ふすまを活用した機能性食品素材アラビノキシランの調製」2006年度エリザベスアーノルド富士財団研究助成
  • 「様々な品種の米に含まれる機能性成分アラビノキシランの解析」新潟市、2006
  • 「超微細大豆粉の利用法の開発」株式会社シンク、2006
  • 「規格外のため廃棄される茶豆の有効利用に関する研究」2006年度内田エネルギー科学振興財団試験研究費助成
  • 「亜臨界処理によるキノコ廃菌床の有効利用法の開発」2008年度内田エネルギー科学振興財団試験研究費助成
  • 「きのこ廃菌床からの有用成分回収と活用」新潟TLO、2006〜2007、地域新生コンソーシアム研究開発事業、関東経済産業局
  • 「野菜の機能性に関する研究」株式会社カゴメ、2003〜2008
4)

食品に関連する学外での講演、講師等(2000年以降)

  • 新潟県農業大学校畜産経営科非常勤講師(2002〜)
  • 新潟県農業大学校研究科非常勤講師(2007〜)
  • 県立新潟女子短期大学生活科学科非常勤講師(2008〜)
  • 九州大学大学院非常勤講師(2008)
  • 「穀類の生体調節機能に関する研究について」創業・新事業開拓への情報交流会、新発田市、2002
  • 「植物性食品素材に含まれる機能性成分〜穀類の機能性成分〜」平成14年度先端技術開発研究会第4回食品化学部会、信濃川テクノポリス開発機構、2002
  • 「米を中心とした食品の機能性」第60回米菓製造技術講習会、新潟県米菓工業組合、2004
  • 「お米のおいしさ」第33回関東・甲信越地域大学附属農場協議会技術研修会、関東・甲信越地域大学附属農場協議会、2004
  • 「機能性のある植物性食品素材〜穀類、発芽植物、キノコなど〜」第3回ブランド・ニイガタ食品開発研究会、にいがた産業創造機構、2005、新潟
  • 「お米に含まれる機能性成分について」第4回ブランド・ニイガタ食品開発研究会、にいがた産業創造機構、2006、新潟
5) メッセージ

キノコや野菜(スプラウト等)、食品産業廃棄物(糠やふすま等)を研究材料に、食品の香りや機能性に関する研究を行っています。食品に関する各種成分分析にも対応できますのでお気軽にご相談下さい。

閉じる