氏  名 大坪研一  
所  属 自然科学系 生命・食料科学系列
農学部 応用生物化学科 応用生物化学
 
専  門 食品製造学
 
ホームページ
1) 所属学会名
  • 日本食品科学工学会
  • 日本応用糖質科学会
  • 日本農芸化学会
  • DNA鑑定学会
  • アメリカ穀物化学会
2) 地域や他機関との食品に関連する連携、委員等
  • 文部科学省学術科学審議会資源調査分科会委員

3) 食品に関連する主な共同研究等の実績(2000年以降)
  • 「広範な特性の米」(九州大学との共同研究)2001〜2004、生物系特定産業技術研究機構基礎研究事業
  • 「新形質米の食味特性の評価」(作物研究所との共同研究)2004〜2006、農水省ブランドニッポンプロ
  • 「機能性米菓の開発」(茨城県工業技術センター、関口醸造との共同研究)2004、農水省総合食料局補助事業
  • 「米の食味の評価技術の開発」(日本精米工業会との共同研究)2005〜2006、飯島記念食品科学振興財団研究助成事業
  • 「米の品質評価技術の開発」(韓国農村振興庁作物科学研究院との共同研究)2007、日韓二国間研究協力
  • 「新形質米の機能性を利用した新食品の開発」(農研機構、新潟県農総研、石川県農総研等との共同研究)2005〜2007、農水省高度化事業
  • 「高アミロース米の糖尿病発症予防効果」(キユーピー研究所、慈恵医大、畿央大との共同研究)2006〜現在、農水省安信プロ
4) 食品に関連する学外での講演、講師等(2000年以降)
  • 新形質米を利用する米粉パンの製造とその物性評価、日本応用糖質科学会平成20年大会、2008(那覇)
  • 清酒の原料米品種を判別する技術の開発、第5回清酒・焼酎製造技術セミナー、2008(東京)
  • 米、加工品の原料米のDNA品種・産地判別技術の開発、DNA鑑定学会設立記念講演会、2007(横浜)
  • 日本酒等、醸造酒を試料とする原料植物のDNA判別技術、日本応用糖質科学会平成18年大会、2006(大阪)
  • 糊化特性に基づく米の特性評価装置、日本応用糖質科学会平成17年大会、2005(津)
  • 機能性米菓の開発、日本食品科学工学会平成17年度大会、2005(札幌)
  • Processed novel foodstuff from pre-germinated brown rice by a twin-screw extruder、World rice research conference、2004(つくば)
  • Adding value to rice products through innovative processing、International rice science conference、2004(Seoul)
  • PCR法による米のDNA品種判別のためのプライマーセットの開発、第51回日本食品科学工学会大会、2004(盛岡)
  • 発芽玄米を用いた膨化加工品の試作、日本食品科学工学会第49回大会 、2002(名古屋)
5) メッセージ

 米の品質、利用に関する共同研究に積極的に取り組みたいと考えています。

閉じる