新潟大学|地域連携フードサイエンスセンター
組織概要 構成員 センターの活動 リンク ホーム
 

大学生のための食育セミナー

食育セミナー当日の様子(過去の開催について)

第1回大学生のための食育セミナー「新潟の味を伝える」
ーのっぺとおにぎりー

  • 日時/2013年1月26日(土) 午後2時~4時
  • 場所/新潟大学教育学部105講義室
  • ファシリテーター/山口智子(教育学部 准教授)
  • 参加者/80名

当日のプログラム

開会の挨拶

地域連携フードサイエンスセンター長 門脇基二

講演1 「味噌・醤油から新潟を考える」

講師:山崎醸造株式会社 営業部 広井伸行 氏

味噌・醤油の歴史は古く、中国の醤(しょう)、豉(し)が仏教とともに伝来し日本の中で発達した。
醤油は 鎌倉時代に金山寺みその製造から偶然「たまり醤油」ができた。(諸説有り)…
> 続きを見る

講演の様子をYouTubeでみる >

講演2 「郷土料理からみるにいがたの食と農」

講師:料理研究家・フードコーディネーター 石田恭子 氏

本州日本海側唯一の政令指定都市にいがた。高次都市機能をもつ日本海側最大の都市であり、日本有数の穀倉地帯、越後平野ほこる大農業都市でもある。また県全体としては米どころとして名をはせるとともに…
> 続きを見る

セミナーのおすすめポイント!

新潟の郷土料理のっぺとけんさ焼きを味わいました。
里芋、にんじん、れんこんなど多くの具材の入った「のっぺ」、山崎醸造製の味噌に生姜を混ぜておにぎりにたっぷり塗って焼いた「けんさ焼き」は食が進みました。

郷土料理レシピはこちらから

閉会の挨拶

教育学部 副学部長 鶴田一雄
新潟大学「新潟の食の魅力を知り、健康栄養力を向上させる学生向け食育シリーズセミナー」事業