新潟大学|地域連携フードサイエンスセンター
組織概要 構成員 センターの活動 リンク ホーム
 

大学生のための食育セミナー

食育セミナー当日の様子(過去の開催について)

講演2 「作ってみよう!~楽しいワンボウルごはん~」

講師:料理研究家 石田 恭子

料理を始めたばかりの学生さんへ

 私たちが口にした食べ物で身体はできています。自分の食べるものは自分で作れるようになることが大人の一歩。自分でごはんを作ることによって世の中の多くのことが見えてくるようになり、それが本当の自立につながると思います。

自分で作ってみよう

 まずは1食から作ってみましょう。あまり完璧にやろうと思わず「朝食だけでも作ろう」とか、「お弁当は自分で作る」、「1週間に1度は自分で作る」でも大丈夫。そうやって作ることに慣れてみましょう。

 手作りするのが苦ではなくなり、そのうち意識しなくても自然に手が動くようになります。

 できれば手に合うグリップとほどほどの長さのよく切れる包丁を用意してください。

(研ぐ必要のない、手入れのしやすいものを選んで)

調理法はシンプルに

 調理法は茹でただけ、炒めただけと、いたってシンプルでいいのです。レシピに頼らず、名前のあるおかずにもこだわらず、まずは自分で作るということを一番に考えてみてはどうでしょう。

新潟の豊かな自然に感謝して

 新潟県は米どころであり、「風土」を生かした多彩な野菜や果物も多く作られています。

 私たちが住むその土地で、自然のまま作られたおいしい素材を食べるようにしましょう。

 季節を感じ、旬の食材を食べることは、その時身体が必要とする栄養素をとり、身体のリズムを整えることにつながります。

今日の試食ワンボウルごはん

  • 生姜焼き
  • 今が旬 そら豆
  • ミニトマト、グリーンズプラント巻のおいしいグリーンミニリーフ
  • 新潟こしひかりのごはん
  • ゆで卵

  • 越後姫

郷土料理レシピはこちらから

新潟大学「新潟の食の魅力を知り、健康栄養力を向上させる学生向け食育シリーズセミナー」事業