学生の声

中澤晃/「現場」から農業を知る

 私の所属するコースでは農村の現状や食料問題、農産物流通など農業を取り巻く諸問題を学んでいます。
 新潟県は平野部や中山間地域など多様な自然環境のもと、各地域では特色ある営農活動が行われています。さらに、食品加工業者や農畜産物卸売業者など食と農業に関わる企業も多数あります。卒業研究では、こうした「現場」へ行き調査を行うことが基本です。現場の声を聞けることは本コースの大きな魅力的であり、農業への理解を深める良い経験になります。
 農業は農作物や家畜を育てることだけが全てではありません。あなたも農業経営やマーケティング、農業従事者の担い手問題など様々な観点から農業を考えてみませんか?

■出身高校:新潟県立加茂農林高等学校
■卒論テーマ:新潟県の中山間地域における集落営農の現状と可能性

<< 一覧に戻る
↑ページの先頭へ