級要件・卒業要件

4年間の単位修得の流れ

●1~2年次

スタディ・スキルズ(大学学習法)や教養教育に関する各授業科目を履修することで幅広い知識や教養を身につけ、また1年次必修の専門科目で専門分野の基礎を学びます。
2年次には基礎農林学実習が開講され、当学科では必修科目に指定されています。
農学部の附属施設であるフィールド科学教育研究センター(FCセンター)を利用して農業生産を体験し、森林や都市圏の緑地環境を体感する実習で農学研究の動機付けを目的としています。

●コース分属

当学科は、食料・資源経済学、植物生産学、動物生産学の3コースからなり3年次の第1学期より各コースに分属します。

●3年次

各コース分属後は、所属コースの基準に従い卒業論文履修のための事前指導が行われます。
卒業論文を履修するためには3年次の終了時に、教養教育に関する授業科目及び専門教育に関する授業科目の修得単位の合計が106 単位以上であり、さらに、卒業論文以外の必修科目(24 単位)のうち20 単位以上を修得していること、コース毎に指定している実験・実習・演習の単位をすべて修得していることが必要となります。

●4年次

1年間をかけて卒業研究に取り組みます。卒業論文Ⅰ,Ⅱ(必修6単位)を含め、124単位以上を修得し卒業が認定されます。

↑ページの先頭へ