1.  > 
  2.  > 
  3. 流域環境学プログラム

流域環境学プログラム流域環境学プログラム

アドミッションポリシー

河川上流の森林地帯から中山間地を経て下流の平野部に至る流域を対象とし、地域の自然環境と調和した持続的な農林業の生産活動に強い関心のある人を歓迎します!

流域環境学プログラムのWebページはこちら >>

一次産業と関連分野をそっと支える分野を学びます!

人と自然の共生を考えることができる、「縁の下の力持ち」になろう。その“力”は、河川上流の森林地帯から中山間地を経て下流の平野部に至る流域を「人の生活」と「資源の循環」の大きなまとまりとしてとらえ、地域の自然環境と調和した持続的な農林業を可能にする力。そのために、持続的な森林管理と生態系の保全、食料生産の基盤整備、および情報ネットワークの活用に関する幅広い専門知識と技術を学修します。

特色ある授業科目

流域環境学プログラムの科目概要流域環境学プログラムの科目概要
  • 5月、多雪地ブナ林の生育環境調査5月、多雪地ブナ林の生育環境調査
  • 水資源の要、利水ダムの現地見学水資源の要、利水ダムの現地見学
  • 地域資源を利用した園芸施設見学地域資源を利用した園芸施設見学
  • 持続可能な林業を先進地で学ぶ持続可能な林業を先進地で学ぶ
  • 魚も住める農水路を現地で検証魚も住める農水路を現地で
  • 農産物品質の非破壊測定実験農産物品質の非破壊測定実験

特色ある研究

  • 山の知恵いただきます

    >>もっと見る× 閉じる

    山の知恵いただきます
    もっと見る

  • 謎を解く鍵は地下水にあり

    >>もっと見る× 閉じる

    謎を解く鍵は地下水にあり
    もっと見る

  • “壊さず検査”の技術開発

    >>もっと見る× 閉じる

    “壊さず検査”の技術開発
    もっと見る

  • 地域資源で地域活性化

    >>もっと見る× 閉じる

    地域資源で地域活性化
    もっと見る

  • 進化研究から植物保全へ

    >>もっと見る× 閉じる

    進化研究から植物保全へ
    もっと見る

  • 水辺林の生態を解明!

    >>もっと見る× 閉じる

    水辺林の生態を解明!
    もっと見る

  • DNA解析で未来を拓け

    >>もっと見る× 閉じる

    DNA解析で未来を拓け
    もっと見る

  • 鳥の眼で森を診る

    >>もっと見る× 閉じる

    鳥の眼で森を診る
    もっと見る

  • クマ剥ぎの謎を追う

    >>もっと見る× 閉じる

    クマ剥ぎの謎を追う
    もっと見る

こんな研究もやっています!

  • 地域資源を有効利用した自己治癒材料の開発(土木学会関東支部優秀講演賞受賞)
  • 多雪地冷温帯林における野ネズミ群集の立体的生息場所選択の解明(日本森林技術協会理事長賞受賞)
  • 成熟した旧薪炭林におけるブナ樹幹へのクワカミキリの食害率と被害材の木工品としての有効活用(森林学会学生ポスター賞受賞)
  • 田んぼダムで湖沼の水環境を改善
  • 微細藻類(ユーグレナ)の効率的培養法の開発研究
  • 画像処理や近赤外分光法による農産物内部品質の非破壊検査(タイ・中国と国際共同研究、農業施設学会学術賞受賞)

取得可能な資格

  • 自然再生士補
  • 森林情報士2級
  • GIS学術士

(取得しやすい資格) 2級ビオトープ管理士

卒業後の進路

一般企業:(株)福田組、(株)本間組、(株)興和、(株)ヤンマーアグリジャパン、JT、日本製紙(株)、電気化学工業(株)、(株)エヌ・シー・エス、ソリマチ(株)、マルハニチロ(株)、味の素冷凍食品(株)、JR東日本(株)、NECソリューションイノベータ(株)、(株)ナルサワコンサルタンツ、ミサワホーム(株)、(株)本間造園、(社)日本森林技術協会 など
公務員:農林水産省、林野庁、関東農政局、北陸地方整備局、農研機構、新潟県、北海道、福島県、長野県、富山県、群馬県、神奈川県、静岡県、愛知県、徳島県、新潟市、燕市、三条市、前橋市、小松市、富士見町など
大学院:新潟大学、東北大学、千葉大学、京都大学、九州大学、兵庫県立大学など
(前身の生産環境科学科の例、修士修了者も含む)

もっと新潟大学農学部を知りたい方へ

  • 入試資料の請求はこちらから

Copyright (C) 2016 Faculty of Agriculture Niigata University, All Rights Reserved.

Page Top