1. ホーム
  2. 学科の紹介

学科の紹介

生産環境科学科で学ぼう

生産環境科学科とは?

 新潟大学農学部は、私達の生産環境科学科のほか農業生産科学科、応用生物化学科の3つの学科で構成されています。生産環境科学科では、農林業生産に関わる自然的・社会的環境についての科学的知識を初めとした幅広い分野で学び、考え、経験を身につけた、社会で信頼される技術者の人材育成を目指しています。

 生産環境科学科では、皆さんに学んでもらいたい「学習目標」と、大学側がめざす「教育目標」を掲げ、新しい科学に対応できる人材の育成に取り組んでいます。学科には、2つの専修コースがあります。一つは「農業工学コース」、あと一つは「森林環境学コース」です。

ナラ枯れ跡地を広葉樹林として再生する
ナラ枯れ跡地を広葉樹林として再生する

田んぼの生きもの調査
田んぼの生きもの調査

学科の特色 その1

広い視野を獲得できる

 野生動植物の生態・保全から、自然の基盤である「土」、「水」、それらを利用するための「構造物」についての性質、リモートセンシングをはじめとする高度な環境計測、高度機械化技術、バイオマス、地域エネルギーに関する最新技術まで幅広い分野をカバーしたカリキュラムです。

ツキノワグマの位置をGPSで把握する ツキノワグマの位置をGPSで把握する

渓流の地形を測量する渓流の地形を測量する

野ネズミを調べることで森の成り立ちを知る野ネズミを調べることで森の成り立ちを知る

鳥屋野潟への浄化用水導入シミュレーション鳥屋野潟への浄化用水導入シミュレーション

中越地震後に作られなくなった田んぼがどれだけあるか?
GIS(地理情報システム)により分析中越地震後に作られなくなった田んぼがどれだけあるか?GIS(地理情報システム)により分析

割らずに卵の中身を光でチェック割らずに卵の中身を光でチェック

学科の特色 その2

講義で学んだことを517時間のフィールドワークで実践できます!

 海岸、平野、山地まで様々なフィールドが身近に存在。

農学部の庭を学生が計画する!
農学部の庭を学生が計画する!

干拓で小さくなった福島潟をどう保全するか
干拓で小さくなった福島潟をどう保全するか

学科の特色 その3

国立大学ならではの少人数指導

 教員一人あたりの指導人数4名以下。
 スタディスキルズ(大学学習法)、様々な学生実習・実験、卒業研究を通じ、楽しみながら社会人基礎力(前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力)を涵養できます。

箕口秀夫教授
箕口秀夫先生

吉川夏樹准教授
吉川夏樹先生