1. ホーム
  2. キャンパスライフ

キャンパスライフ 学生サポート

キャンパスライフ

年間スケジュール

4月

●入学式(1年次)

今日から大学生。やりたい目標に向かって、学んで生きましょう。

●新入生懇親会(1年次)

全員参加の出し物は、アイデア勝負!交流を深めよう。

4月写真

5月

●森林科学館で木工体験
(1年次)

自分で選ぶサテライト実習では、思い出に残る作品作り!

5月写真

●角田山ハイキング(2年次)

新潟市の代表的な植物をハイキングしながら、観察。
自然を見る目をレベルアップ☆

6月

●研究室選択ガイダンス
(3年次)

4年次の卒業研究で何に取り組みたいのか、考え始める時期です。

●森林認証地へ県外見学
(3年次)

地域は学生の発表&投票で決定。理想的な森林環境を1泊2日で体験!

6月写真

7月

●スタディスキルズ発表会
(1年次)

大学生活に必要な発表スキルの基礎を学び、実際に発表します。

7月写真

●1期試験期間

8月

●農業工学演習見学(2年次)

農業を支える現場を幅広く見学。
ダムの中に入れます!

8月写真

●夏休み

試験が終わると夏休み。短期留学など色んなことにチャレンジ。

9月

●佐渡で宿泊実習(2・3年次)

夏休み中に佐渡の森林にて多くの実習を行います。
貴重な天然スギが見られるかも!?

9月写真

10月

●卒業論文中間発表会(4年次)

●大学祭

種類豊富な出店やダンスサークルなどのステージは必見。
農学部農場の野菜や焼き芋は毎年大人気です。

10月写真

11月

●コース選択の説明会(1年次)

各学年の先輩と少人数で行う説明会です。
気になることを率直に聞くことができます。

11月写真

12月

●コース選択の説明会(1年次)

先生と少人数で行います。どんなことをやってみたいのか熱い思いを持った先生にどんどん質問しよう。

12月写真

1月

●冬休み

●卒業論文作成(4年次)

冬休みが終わると卒業論文作成。

1月写真

2月

●卒業論文発表会(4年次)

1年間の研究成果をわかりやすく、発表。4年間の集大成です。

2月写真

●2期試験期間

●コース希望調査(1年次)

2年生から学ぶコースを選択。

●春休み

3月

●卒業式(4年次)

社会で活躍するための技術を身につけて、巣立っていきます。

3月写真

生産環境科学科の学生サポートについて

 学生生活を過ごす中で、わからないことや困ったことなどが生じることがあるかもしれません。そんなときのために、生産環境科学科には、学科独自に皆さんの学生生活をサポートする仕組みを用意しています。

1)スタディスキルズA3(通称SS)

 高校では教師の教えることを受動的に勉強していればよかったのですが、大学では自らが目標や課題を設定して、情報収集・解析を行い、得られた成果を他の人にわかりやすく説明することが求められるようになります。高校と大学での勉強の仕方の劇的な変化に対する戸惑いを少なくするために用意されている講義が、スタディスキルズA3です。この授業では、大学での学習に必要な、聴く・読む・書く・調べる・整理する・まとめる・表現する・伝える・考えるといった学びの技術(スタディスキルズ)を少人数のグループで学びます。

2)アカデミック・アドバイザー、個人面談

 わからないこと、困ったことの相談に対応するクラス担任のような役割を教員が行います。学習での悩みなどについて相談できる支援です。1年生のときは、スタディスキルズのグループ担任の教員が、2、3年のときは、所属するコースの主任の教員が、4年生のときは卒業論文の指導教員がアカデミックアドバイザーを担当します。アカデミックアドバイザーは、常日頃から学生の出席状況等の学生の動向について気を配るとともに、新学期の開始時に学生と個人面談を行い、学生が抱えている問題の早期発見に努めています。

3)オフィス・アワー

 学科の各教員が学生の相談相手になることを最優先する時間帯のことです。授業のこと、研究のこと、進路のことなど何でも相談に応じます。

4)ガイダンス

 当学科の学生は、2年生の1学期からは「農業工学コース」と「森林環境学コース」の2コースに分かれて講義・実習を受けることになります。さらに3年生の2期の始めには、卒業論文の指導教員の下で、卒業論文の準備を始めることになります。コースや指導教員の選択にあたっては、複数回のガイダンスを実施するとともに、教員や上級生と懇談したり、研究を体験する機会を設けるなど、選択の際に参考になる情報の提供に努めています。