1. ホーム
  2. 在校生・卒業生からのメッセージ
  3. 森林環境学コース卒業生からのメッセージ

森林環境学コース卒業生からのメッセージ

在学生・卒業生からのメッセージ

高橋さん森林環境学コース 2012年卒業 渋川広域森林組合

高橋さん写真1

高橋さん写真

数多くの大学、学科がある中で、当学科を選んだ理由はなぜですか?

 自分は、動植物が好きで動植物の事を学べる学科を漠然と探していました。色々な大学を見ましたが新潟大学では佐渡に演習林があり実習を多く実施していることがわかりました。自分は現場を直に見たいと考えていたので、新潟大学に進学を決めました。

学科の感想、印象は?

 ただ、机に向かって知識を詰め込むのではなく、実習も多く取り入れ、実際に授業で学んだことを実技で行う、または現場を見に行く。という学習方法が多いと感じました。座学だけでは分からない現場の雰囲気を直に感じられるのが新鮮でした。

学科教職員の対応、教育・研究をみて感じたことは?

 新潟大学では、教員が学生の相談にのってくれる時間を設けており、また事前に連絡しておけば時間の調節をしてくれます。卒業論文の研究室選びでは学生の要望を最大限に尊重してくれて、様々な対応は常に学生を考えてくれていたと思います。

学科で学んだことが日々の仕事のどんな場面で生きてますか?

 自分は専門分野に進んだこともあり、学科で学んだことを全般的に使いますが、特に測量を中心とした実技科目を生かす機会が多いです。基本的な測量・調査を実習でやっていたため、自分が何をすべきか、どのように動くべきかがある程度分かって動く事ができます。

どのような高校生に当学科はお勧めできますか?

 新潟大学は、座学だけではなく現場見学や実技も多く取り組んでいると思います。実際に現場に出ていくのが好きな人。知識だけでは分からない現場の雰囲気などを味わってみたい人などにオススメできる学科です。

芝原さん森林環境学コース 2008年度大学院博士前期課程修了 日本工営株式会社

芝原さん写真1

芝原さん写真2

数多くの大学、学科がある中で、当学科を選んだ理由はなぜですか?

 生態学(特に野生動物)について学べる学科を希望していました。加えて、実習の多い学科であることも選択条件にありました。その当時、大学卒業後の進路・職業等については、具体的には考えておらず、単に自分の好きなもの、したいことという視点で選びました。話が逸れますが、憧れていた一人暮らしも一年生の時は軽い五月病にかかりました。でも、すぐに慣れました。

 

学科の感想、印象は?

 実習が多いですね。いろんなところに行ったことが印象的です。学科内には森林系と農工系があり、多岐にわたる講義で様々なことが学べたのは良かったです。結果的に自分がこれまで興味がなかった分野についても学べたと思います。  
 楽しく活発な学生が多いのも学科の特徴ですね。ある程度同じ分野に興味がある人が集まることもあり、気の合う仲間がたくさんできました。

学科教職員の対応、教育・研究をみて感じたことは?

 先生は個性的でおもしろい方が多いですね(見方によれば、ちょっと変わっている??)。学生が積極的に取り組めば、いろいろな経験をさせてくれました。今さらですが、専門家集団なので、在学中にもっといろいろな話を聞いておけばよかったなと思っています。

学科で学んだことが日々の仕事のどんな場面で生きてますか?

 今の仕事は基本的に、仕事をしながら必要なことを学んでいくので、直接業務に活かせることは少ないですが、自然環境、生態系、動植物等に関する基礎的な知識を得たことは助かってます。野外実習の経験や卒論、修論での調査経験もおおいに助かってます。現在私が行っている業務では、わりとすぐに現場に一人で行かされたりするので、野外での活動経験が何かしら助かってます。何か想定外のことが起こった時に焦らず判断・対応ができるという面でも大学での経験は貴重だと思っています。  
 卒論、修論で培った研究プロセスも役立ってます。自分があまり詳しくない分野の業務を受け持つことも多いので、単純な情報収集から、ワード、エクセルの操作、仮説検証等の論理的思考力などでそれを実感します。  
 最後に、コミュニケーション能力です。コンサルタント業界ではよく聞く言葉ですが、学科のみならず、いろんな人と関わったり、いろんな経験をすることで、知らぬ間に磨かれたのだと思います。ある意味最重要な能力ですので、皆さんも積極的にいろんな場面でいろんな人と出会って下さい。

どのような高校生に当学科はお勧めできますか?

 環境、自然、生態、農林学等について、広く学びたい人におすすめです。また、室内での講義より野外活動が好きな人にもいいでしょう。楽しい仲間といろんな経験をしたい人に来てほしいですね。

瀧澤さん森林環境学コース 2008年度卒業 新潟県 南魚沼地域振興局 農林振興部 森林施設課

瀧澤さん写真

数多くの大学、学科がある中で、当学科を選んだ理由はなぜですか?

 私が生産環境科学科を選んだ理由は、「自然環境」に関する勉強ができることでした。大学探しをしていた高校生の頃、“環境”、“生態系”といった分野の学問を学べる大学をみつけるのが難しかったことを覚えています。

学科の感想、印象は?

 講義室内での座学だけではなく、フィールドに出て行う実習がとても多いことに驚きました。座学による知識を実習による体験で、使える技術にすることができたと思います。

学科教職員の対応、教育・研究をみて感じたことは?

 やりたいことがある場合には分野が多少異なっていても、できる限り相談にのってもらい、行える環境を作ってもらいました。卒業論文のテーマを決める際には、自分が行いたい内容で研究を行えるよう、担当教員と話し合い、納得のいくまで方針を一緒に考えてもらいました。

学科で学んだことが日々の仕事のどんな場面で生きてますか?

 私は現在、南魚沼市で県職員として林業分野の仕事に従事しています。現場に出る際には、実習で学んだ測量技術や樹木の測定方法等が役立っています。学んでいてよかったと実感しています。

どのような高校生に当学科はお勧めできますか?

 森林や動植物が好き!それらを取り巻く自然環境に興味がある!という方にお勧めです。実際に外に出て自分で体感しながら学ぶことができるので、すごく楽しいと思います。