1. ホーム
  2. 在校生・卒業生からのメッセージ
  3. 1年生在校生からのメッセージ

1年在校生からのメッセージ

在学生・卒業生からのメッセージ

松浦さん1年生 2015年現在

松浦さん写真1 松浦さん写真2 松浦さん写真3 松浦さん写真4

数多くの大学、学科がある中で、当学科を選んだ理由はなぜですか?

 自分が新潟に来るまで、住んでいたところはかなり山奥に位置しており、豊かな自然に囲まれていました。そんな中で生まれ育ったからか、幼いころから自然が好きで、もっとこの自然について詳しく学びたいと考えるようになったのがきっかけです。 高校でも地域の自然と関わったり、調査などをさせていただく機会が多々ありました。この学科が行っている調査・研究は自分の高校時代の延長線上にあり、その時の経験や知識を活かしつつも、更に深めていけると感じたため志望させていただきました。

学科の感想、印象は?

 学科の先生方はやさしい方ばかりで、不思議に思ったことやわからないことなど、質問すれば丁寧にわかりやすく答えてくれるので、安心して大学生活を送ることができます。
 また、学科全体の人数は50人程度と比較的少ないためか、学科の学生一人一人の仲が良く、雰囲気の良い学科だと感じています。同じ志を持つ人も多く、共通の話題で盛り上がったりと、毎日が充実しています。

学科教職員の対応、教育・研究をみて感じたことは?

 講義の中ではそれぞれの先生方に、研究テーマを紹介していただき、それらが幅広く、多岐にわたっていることに驚きました。1年生の時はまだ専門科目が少なく、実習もあまりおこなわれていないので、今後の学習が本当に楽しみになりました。大学での学習について不安なこともありましたが、レポートの書き方や発表方法なども丁寧に教えていただき、すぐに解消することができました。

どのような方に当学科はおすすめできますか?

 自分のように自然が好きであったり、環境の保全や生態系の管理などに興味がある方にはぜひおすすめします。また、2年次に森林環境と農業工学の2コースに分かれ、先生方もそれぞれのコース内容や研究のことも1年次にしっかりと紹介してくれるので、1年かけてやりたいことを見定めるという意味で、どちらか迷っている人にもおすすめできると思います。2年次からは実習も増えてくるというので、机上での知識だけではなく、実際に現場での経験を積むこともできると思います。

将来の夢、どんな職業につきたいですか?

 具体的にはまだ決まっていませんが、自然の魅力を多くの人に伝えたいだとか、環境や生態系の保全に携わりたいだとか、興味のあることはたくさんあります。この学科で学ぶ4年間を通して、知識を深めたり、経験を積むだけではなく、自分の将来をしっかりと見定められればいいと思います。

野村さん1年生 2015年現在

野村さん写真1   野村さん写真2   野村さん写真3

 

数多くの大学、学科がある中で、当学科を選んだ理由はなぜですか?

 私は幼いころから自然が身近にある環境で育ってきました。その中で、地球温暖化のようなグローバルな問題や、手入れが放棄された森林の増加などのローカルな問題に興味を抱くようになりました。生産環境科学科ではその両方が学べると考え、私はこの学科を選びました。

学科の感想、印象は?

 私の中で生産環境科学科は一人ひとり個性が強く、優しい人が多い学科という印象です。初めはみんな緊張していますが、班活動や体育、実習などを通してすぐに仲良くなることができました。生産環境科学科は研究の対象が多岐にわたっていて、同じ学科の学生でも興味のあることは一人ひとり本当に様々だと感じています。

学科教職員の対応、教育・研究をみて感じたことは?

 生産環境科学科の先生方は、とても温かくユニークです。わからないことや不安なことがあれば遠慮せずに聞くことができます。そして先生方は切り口が面白く、自分が知っていると思っていたことでも講義で聞くと新たな発見があります。

どのような方に当学科はおすすめできますか?

 農業そのものというよりも、人と自然の関わりに興味がある方です。また生産環境科学科では、高校で言う文系理系の垣根のない学びができます。いろいろなものの見方ができる人、もしくはできるようになりたい方におすすめします。

将来の夢、どんな職業につきたいですか?

 私はしたいことがいくつかあるため、まだ職業を一つに決めていません。しかし、大学でこれから学んでいくことを将来いかしていきたいと考えています。