本文へスキップ
施設機能工学研究室

新潟大学 農学部

〒950-2181 新潟県新潟市西区 五十嵐2の町 8050番地

アルバム

 

2016.11.22 新三年生歓迎会を行いました

三年生の研修室配属が決定し新しい仲間が増えました!

これからみんなで仲良く頑張りましょう!!

 

みんなで集合写真!新メンバーもいい笑顔です

2016.9.20 本研究室の小林秀一が博士号の学位を授与されました

附属図書館のライブラリーホールにて新潟大学の秋季卒業式が執り行われ、
本研究室の小林秀一が博士学位を授与されました。
 
(アカデミックガウンを着用し撮影。左から森井教授、小林さん、工藤研究科長、鈴木准教授)
  
(花束を持って撮影。いい笑顔です!)
博士後期課程修了、おめでとうございます!!!

2016.9.10 納涼会を開催しました

全国大会も無事終了したので、暑さはまだまだ残りますが、大学の中庭にて
鈴木研と稲葉研合同で納涼会を開催しました。
  
(ニクハマダカーと不満顔の永田さん(嘘))
事前の準備は、水倉組(株)の小林さんと板垣さんに手伝ってもらう以上のことを
していただきました。
直前まで実験をしていましたがてきぱきと終わらせ、今回合同で参加する稲葉研の
みなさんにも手伝っていただき予定通り18時からスタートすることができました。
みなさんに感謝・感謝です。m(_ _)m<アリガトウゴザイマス

 
肉が焼けてきましたね。
このお肉は西区にあります、新潟涌井という(小林さん&板垣さんお墨付き)のお店の
お肉なのですが、これがまた絶品なんです。
みんな箸が進みます(今更ながら白米が欲しかった)。

 
昨年はバームクーヘンに挑戦しましたが、今年は小林さんが竹を持参し流しそうめんをしました。

盛り上がってきたところで、各人がスピーチを行いそれぞれの思いを語りました。
 
 
鈴木研はもちろん稲葉研・社会人のみなさんにもスピーチをしていただきました。


スピーチが終わると、おじさん軍団はギターに合わせて熱唱です。
そんなこんなで夜はふけていくのでした。
今日の夜のことを将来ふと思い出してもらえればうれしいですね。


(たのしんでいただけましたか?)

以上、鈴木研・稲葉研合同の納涼会についてでした。

2016.8.31 本研究室の本田泰大が農業農村工学会にて優秀ポスター賞を受賞しました

  
先日仙台で開催されました、農業農村工学会大会講演会(全国大会)におきまして、
本研究室の本田泰大が優秀ポスター賞を受賞しました。
おめでとうございます!!

2016.8.30〜9.01 農業農村工学会全国大会に参加しました(仙台)

杜の都仙台から報告です。

  
(M2本田、ポスター発表中に4年生の高橋・大岡に挟まれパシャリ)

表題の期間、農業農村工学会大会講演会(全国大会)に参加してきました。
イレギュラーな動きをしていた台風10号がちょうど仙台に上陸するとの話で無事到着できるか
危ぶまれましたが、道中特に問題なく仙台に到着することができました。

 
企業ブースには,いつもお世話になっています藤村ヒューム管(株)と(株)水倉組の
方々が鋼矢板水路補修工法「ストパネ工法」の宣伝をしていました(写真は先生と企業の方々)。
小林さんは,口頭発表を行いました。発表が初日だったため見れなかったのですが、
先月1時間のへヴィーな発表を経験したためか、手慣れた感じの発表だったようです。

今回は、本研究室に関わりのあるポスター多く掲載されました。

中でも水倉組(株)の板垣さんと藤村ヒューム管(株)の田村さんがポスター発表初参加でした。
数か月前から悩みながらポスターを作成したそうです。
苦労が偲ばれますが非常に堂々とした姿で発表をしていました。
藤村ヒューム管(株)の長崎さんは、毎年学会に参加しているのでとても落ち着いて発表をしていました。


博士の島本さんと修士の本田さんは、研究内容をポスターで発表しました。
また、島本さんは代理として今回来ることができなかった卒業生の須田君の口頭発表も行いました。
4年生は、今回は見学ということで、口頭発表やポスター発表でさまざまな研究に触れていました。
今回の学会の雰囲気を忘れずに京都支部に臨んでください。


(写真だと麦飯・テールスープ両氏の主張が激しいため肝心の牛タンの影が薄く...
こんなKYな写真になったのは、きっと右上に写るの黄色い液体のせいだ、そうに違いない(汗))

大会2日目の夜は,鈴木研、隣の稲葉研そして社会人の皆さんと仙台名物牛タンで舌鼓を打ちました。
久々に仙台の牛タンを食べましたが、おいしくてなんか感動しました(これがまたビールにあうんだ)。

以上、農業農村工学会全国大会についてでした。

2016.7.29 小林秀一さんが博士論文発表を行いました

本研究室の頼れる紳士、社会人博士課程の小林秀一さんが遂に3年間の研究の成果を発表しました。

  
農学部の大会議室が会場でたが会場は超満員!!
お世話になった学生が開始直前に来ましたが、座ることができず新たに椅子と机を出す事態になりました。


そのような中で遂に発表が始まります。
張りつめた空気の中、約40分間発表が続きました。


発表の後は質疑応答の時間です。
主査の森井先生、副査の中野先生・鈴木先生からは勿論のこと、
技術者集団である会場の皆様から多くの質問が出ました。
1時間の広聴会の後、審査が行われ無事に審査を通過したことが伝えられました。ヤッター!!

無事に広聴会が終了した後、意見交換会が中央区にありますネルソンの庭で開催されました。
(ネルソンの庭は旧新潟県副知事公舎を改装したイタリアンレストランです。ホントお洒落!!)


乾杯の音頭の後、しばし歓談がなされました。

そして皆さんお待ちかね、第二の盛り上がりでございます
2015 ミス・アース ジャパンの山田彩乃さんのゲストトークが
始まりました。
なぜここでミス・アース登場なのかということなのですが、小林さんの友人だそうで(ドンだけ顔広いんですか...)
お忙しい中、小林さんの晴れ舞台に駆けつけてくれたそうです。

聴衆は男だけなので...もう収集つきませんでした、ハイ
みんな、フラッシュ焚いて大盛り上がりでした
トークでは、なかなか聞くことのない「ミス」の世界を話していただきました。
(世界大会って結構シビアなんですねぇ...)
ミス・アースへの質問役の大岡さん、永田さんお疲れ様でした!
山田さん貴重なお話ありがとうございました!


ゲストトークの後、小林さんから挨拶がありました。
これまでの半生において様々な苦労があったこと、博士課程に進学
して仕事と両立が大変だったこと、多くの人中でも家族への感謝の言葉が述べられました。
会場からは、小林さんの絶え間ない努力の日々に惜しみない拍手が贈られました。


ミス・アースとの2ショット
今日一番の笑顔ですねぇ(ニヤリ


最後に皆さんでパシャリ!

小林さん、たくさんの苦労があったと思います。
お疲れ様でした。そして本当におめでとうございます!!!

以上、小林さんの広聴会&意見交換会についてでした。

2016.4.21 島本由麻さんが地盤工学会北陸支部の奨励賞を受賞しました

本研究室の島本由麻さんが地盤工学会北陸支部より奨励賞を受賞しました。
おめでとうございます!!
  

2016.2.14 本研究室の学部4年生が卒業論文発表を行いました

毎年恒例、そして一番大事な卒業論文発表会が開催され、本研研究室の学部4年生が発表に臨みました。
1年半の研究の成果を晴れの舞台で披露しました。

左:トップバッターは永井くんです。パイプラインの研究について丁寧に発表していました。
右:2番目は上村さんです。少ない時間の中でも研究をしっかりとまとめ上げてきました。


左:3番手は須田くん。論理立てて導きだした結果と考察は非常に聴衆の注目を集めていました。
右:トリは目黒くん。 真面目な性格ゆえか緊張しやすいため、質問で少し固まりましたが、何とかやり切りました。


当日は4年生のご家族が会場に駆けつけており、その雄姿に目を細めていました。
それぞれさまざまな苦労があったと思いますが、4年生のみなさん本当におつかれさまでした。
以上、卒論発表会についてでした。


2016.1.19-21 寒地土木研究所を訪問しました(北海道)

今年初めの活動報告は、北の大地からお届けします(更新作業は、新潟ですが)。

  
一面雪景色ですね。
風も吹いていて、見るからに寒いです。20日の最高気温は、-2℃でした(最低気温じゃないですよ!)。
今回お邪魔したのは札幌市にある寒地土木研究所です。


(門の前でパシャリ)

寒地土木研究所を訪れたのは、同研究所から頂いたコンクリートサンプルの圧縮試験などの
結果を報告するためです。
今回は、D1島本さんと3年生の永田さんが頑張り研究の成果を研究所の方々に立派に発表をしたようです。
時々鈴木先生が補足を加えてくれました。

(左が石狩頭首工、右が北海道幹線用水路)
水路の水の表面が凍って雪が積もっています。
このような厳しい条件下ではコンクリート構造物は凍害などによって
損傷を受け、徐々に機能を果たせなくなります。
日本の一大食料基地である北海道では、用水路の機能を維持することはとても重要です。
こういった環境での研究は、非常に大切だということがわかります。


(北海幹線用水路の脇で寒地土木研究所の石神先生と一緒に)
寒地土木研究所の皆様、今回は本当にお世話になりました。

以上、北海道訪問について本田がお送りいたしました。


2015.11.16 加治川水系現地研修を行いました。



お隣の研究室の森井先生の呼びかけの元、新潟県北東部に位置する加治川水系へ現地研修に行ってまいりました。

「水のたくみ」というスローガンのもと、上流のダムから、下流の圃場へと川をくだるように現地を見学しました。

内の倉ダムを見学からスタート。農業用水のスタート地点になります。
  
内の倉ダムは全国的にも珍しい、中空重力式ダムです。ダム見学を通し、先人たちの工夫や努力を感じることができました。
夏には、ダム内でコンサートが行われるそうで、ぜひ一度行ってみたいものです。


次に加治川頭首工の工事現場の見学をおこないました。ゲート等の補修や改修を行っており、自分の研究と通じる部分があり、大変興味深かったです。
頭首工の工事では、河川内で行わなければならないため、一度川をせき止め、その中で工事を行うそうです。大変そう・・・。


次に、実際に圃場に繋がる用水路の補修した現場と、圃場整備が行われた圃場を見学しました。圃場整備が行われることによって、大区画化により、高効率の農業がおこなうことができます。
また、見学した圃場では、水稲からアスパラガスへ転作を行うことで収益を上げることができているそうです。


今回の見学を通し、農業土木という学問が、どのように現場へ活かされているかということを感じることができました。
今回の見学を計画していただいた、森井先生、ご協力していただいた加治川二期農業水利事業所の皆さん、新潟県庁の皆さんありがとうございました!

2015.9.12 農学部中庭にて納涼会を開催しました!


近所の研究室の方々もお誘いし、農学部棟中庭にて納涼会(BBQ)を開催しました。

近所の研究室の土質実験で有名な粟生田先生と、測量学でおなじみの稲葉先生。

卒業生などの社会人の方も参加してくださり、とても楽しい納涼会になりました。
楽しんでいるご様子の某社会人の方々。


さて、BBQでは肉や野菜を焼くだけではなく、学部4年の目黒君がバウムクーヘンづくりに挑戦!

だんだんと大きくなっていくバウムクーヘンとバウムクーヘンの重さに耐える目黒健・・・
目を離せない戦いでした。(完成までに約2時間半)



結果 目黒氏の勝利(おいしかったです。)


今回の納涼会は最近の本研究室の受賞や四年生の進路決定おめでとう!も含めていたため、
今回の研究室恒例の三分間スピーチは今後の目標などを語ることとなりました。



参加していただいたみなさん、準備・撤収等ご協力ありがとうございましたm(__)m
文責 上村わこ

2015.9.1〜3 農業農村工学会 優秀技術賞・最優秀ポスタ―賞を受賞いたしました!


農業農村工学会全国大会において本研究室が参加するプロジェクト
「新潟県における産官学連携に基づく腐食鋼矢板の保全と再利用技術の開発」が優秀技術賞を受賞いたしました。


また、修士1年の本田泰大さんが最優秀ポスター賞を受賞いたしました!

発表をした皆さん、お疲れ様でした!

2015.9.1〜3 農業農村工学会へ参加しました。


9月1日から9月3日まで行われた農業農村工学会全国大会へ本研究室から4人が発表しました。
鈴木先生、ドクター2年の山岸さんが口頭発表を行いました。


また、社会人ドクター2年の小林さん、修士1年の本田さんがポスター発表を行いました。

発表をした皆さん、お疲れ様でした!

2015.8.7 山岸さんが第5回コンクリート構造物の非破壊シンポジウムにおいて新進賞を受賞



本研究室D2の山岸俊太朗が第5回コンクリート構造物の非破壊シンポジウムにおいて新進賞を受賞しました。

おめでとうございます!

2015.7.19~23 第5回農学部シンポジウム in タイ(チェンマイ) 


 〜本日の更新は、学部4年上村わこがお送りいたします〜

 本田泰大、上村わこが7月19日〜22日に行われた第5回農学部シンポジウムにてポスター発表を行いました。
新潟からチェンマイへは、新潟空港から韓国を経由し到着いたしました。

チェンマイについた本田さんの様子。

20日に口頭発表、ポスター発表、および懇談会が行われました。

英語でのポスター発表、緊張しました。

懇談会ではタイのダンサーが来てくださり、本場のタイダンスを見ることができました。



21日は口頭発表の後、チェンマイ大学を見学しました。チェンマイ大学ではコーヒーの栽培・販売への取り組みや
バイオテクノロジーの研究施設、バイオマスエネルギー開発への取り組みを見学しました。
チェンマイ周辺で栽培されているコーヒー豆を大学で焙煎し、販売していました。研究室へのお土産として購入したのですが、飲みやすくおいしいコーヒーでした。
22日は研修旅行に行き、タイの最先端の農業を見学し、24日に新潟に帰ってきました。

今回のシンポジウムは初めての海外だったので、とてもいい経験になりました。ありがとうございました。


2015.2.8 卒業論文発表会 


学部4年生の、本田さん、岸さん、高橋さんの3名が卒論発表を行いました。


発表までの準備が大変だったと思いますが、素晴らしい発表でした!
発表後の岸さんの様子
この表情がすべてを物語っている気がします。

また、卒論発表後隣の研究室と合同で修論卒論お疲れ様会を開きました。
研究室の飲み会は楽しくてついつい飲みすぎてしまいます。

発表を終えた4年生も楽しそうでした!






2014.10.31 アップグレードシンポジウム (福岡) 

福岡にて第14回コンクリート構造物の補修,補強,アップグレードシンポジウムに参加しました。

かなりハイレベルなやり取りがされていました。
おそらく最年少だった自分。発表では、案の定鋭い質問を浴びせられ、撃沈…
先生に助け舟を出していただき、事なきをえました。
先生は、諸事情あり発表を2回することに
本当にお疲れ様でした。

ただ、同じ分野の方々とたくさんの交流ができ、本当に有意義な時間でした。
次回参加するときは、成長して立派な研究発表ができるようになりたいです。


さて、なかなか来る機会が無い九州
個人的には2回目でしたが、福岡はほぼ手つかず
見るべき場所はたくさんということで、時間を見つけまわることに

左は今年の大河ドラマの主人公黒田官兵衛のお墓です。こげ茶色をした墓碑はかなり存在感があります。
右は太宰府天満宮。受験を控えた親子と観光で来た中国・韓国の方がとても多かったです。

先生の勧めで、九州国立博物館も訪れました。台湾故宮博物院の宝物展が開催されていました。
一生に一度見れるかどうかの宝物を見ることができて満足でした。
公私に充実した福岡3日間でした


2014.10.30〜31 PAWEES2014国際会議 (台湾) 

今回は国内を飛び出し、台湾にてPAWEES2014国際会議に参加してまいりました。


3人の集合写真



小林さん、山岸さん、そして島本さん。それぞれが英語で書いたポスターで発表しました。質問にも英語
で答えなければなりません。とても緊張したそうです。


発表が終われば、台湾流のもてなしをしていただきました。宴会は懐かしのノリだったとのこと…
右の写真はエビを揚げたものでしょうか?奥の茶色の物体については触れませんよ、あえてね


宴会で登場した台湾のマスコット(?)
手の形が某ネズミキャラと共通なのはご愛嬌(笑)


現地研修では、台湾開拓の功労者八田與一の足跡をたどりました。
ジャングルだった台湾にダムを造り、用水路を設置し、圃場を整備
することで近代化を支えた與一。現在の台湾の発展の土台を築いた
先人に思いを馳せました。


そして最後にご報告
島本さんが見事、最優秀ポスター賞を受賞しました!
おめでとうございます!!!
参加した3人に実りある学会だったようでなによりです。

以上PAWEES2014についてでした。


2014.10.23 農業農村工学会関東支部大会(前橋市) 

農業農村工学会関東支部大会にて口頭発表を行ってきました。

はじめての口頭発表でしたが、あがってしまい原稿内容が頭から飛んでしまいました(汗)
岸君は多くの聴衆の前で発表し鋭い質問にもしっかりと対応していてはじめてにしてはすごいなぁ
と感心しました。
反省ばかりでしたが、卒論発表でこの経験を生かしたいです。


2014.10.21 現地研修(柏崎市)

毎年恒例、森井研・鈴木研合同 柏崎ゼミツアーを開催しました。


3年生も参加で、配属後最初の大きなイベントとなります。
頭首工や圃場整備の現場を見ることで、農業水利システムがどのように成り立っているのかを学びます。

去年も見学した市野新田ダムは、1年経ちかなり工事が進んでいました。
下は流出口となるトンネルの中です。いかにも現場という感じがしました。

プロジェクト○ーックス!的な写真


最後にトンネルの入り口でパシャリ
現場を見せてくださった北陸農政局 柏崎周辺農業水利事業所のみなさん
現場で作業に携わっている方々
貴重な体験をさせていただきありがとうございました!


2014.8.30 日本材料学会 関東支部 学生交流会(神奈川県平塚市)  

山岸さんと本田で日本材料学会 関東支部学生交流会に参加しました。
山岸さんは口頭発表、本田はポスター発表でした。

本田は見事ポスター賞を受賞することができました。
この研究に関わった皆さんに感謝します。
本当にありがとうございました。



2014.08.27 懇親会 (新潟駅前) 

学会2日目の夜に新潟駅前で森井研と合同で懇親会がありました。
OB・OGのみならず3年生のUさんも来てくれました。
ありがたいことです。

あっという間の2時間でした。先輩方の近況を聞けて個人的にはとても楽しかったです。
疲れも相まって、変なテンションの人もいましたが、楽しかったので良しとしましょう。


ちなみに飲み足りない学生達は、同じく飲み足りないOB・OGに率いられ夜の街に消えていきましたとさ…


2014.08.26〜28 平成26年度 農業農村工学会大会(朱鷺メッセほか) 

農業農村工学会の全国大会が新潟市の朱鷺メッセで開催されました。

学生は会場で設営や受付など様々な手伝いをしました。
会場ではこうして満面の笑みで来場者の方々を迎えました(笑顔がまぶしい!)。

もちろん研究発表もあります。山岸さんと島本さんは、口頭発表をしました。
忙しくて万全な準備ができなかったと言いながらもしっかり発表。さすが慣れてますねぇ


ポスターセッションの方は、社会人Dの小林さん、昨年M2だった卒業生の上野さんは貫録の発表。

われわれ4年生(岸・本田)は、手探りながらも1時間頑張りました。

会場が暑かったせいもあると思うのですが、緊張のせいで汗びっしょり。やはり発表って疲れますね。
証拠に発表後の岸くんは輪ゴムを伸ばし放心状態


ただ貴重な経験をさせてもらえたと思うので、発表に協力してくださった皆さんに感謝したいです。
最終日には、先生が発表しました。

落ち着いた発表は学生全員の手本です。いつかこんな発表ができるようになりたいです。

手伝いに、発表に、みなさん3日間お疲れ様でした!!


2014.04.21〜23 農業用パイプラインの実験(農村工学研究所にて)

 つくば市の農村工学研究所で3日にわたって農業用パイプラインの実験を行いました。


 計測は複数のパソコンと計測装置を持ち込んで行います。

 大学のものに比べてかなり広い水理実験場だったので、動き回りました。
さまざまなデータを取ることができ、非常に有意義な3日間でした。
施設を貸してくださった農村工学研究所の皆さん本当にありがとうございました。

2014.04.17〜18 矢板の計測(西蒲区にて)

新潟市西蒲区で排水路に使われている矢板の各種計測を行いました。

 水路の上で行う計測もありますがが、写真のように水路に入って計測する必要もあります。
農閑期でしか行えない計測なので、矢板はこの時期最もHotな現場と言えるかもしれません。

2014.03.13〜14 土木学会関東支部 第41回技術研究発表会

長岡市のアオーレ長岡で開かれた土木学会関東支部の技術研究発表会に参加しました。
当研究室からは山岸、島本、鶴見、舘、小林が発表を行いました。
また学会の雰囲気を感じ取るために3年生も発表を聞きました。






4年生はこれまで外部で発表する機会はほとんどありませんでしたが、堂々とした発表をしていました。
院生は、これまでの経験をもとに自信を持って発表していました。
発表したメンバーは本当にお疲れ様でした!

2014.02.09 修論卒論お疲さま会!

卒論発表後、お隣の研究室と合同で
修論卒論のお疲れさま会を開催しました!


3年生、準備しています。
鍋やたこ焼き、お好み焼きなど、張り切って準備しすぎてしまいました!




最後にはサプライズでケーキもプレゼントしました。
本当に楽しい会となりました!

2014.02.09 卒業論文発表会

学部4年生の、舘さん、鶴見さん、寺井さんの3名が卒論発表を行いました。



緊張感漂う雰囲気の中でしたが、今までの研究の集大成として
すばらしい発表会でした。


発表を終え、さわや笑顔の3ショットです!
4年生のみなさん、本当におつかれさまでした。

2014.02.04 修士論文発表会

上野さんと山岸さんが昨日、修士論文発表会を終えました。



本当に素晴らしい発表で、わたしたち後輩にとってとても刺激になりました。
上野さん、山岸さん、お疲れ様でした!

今週の日曜日2月9日には、4年生の先輩3名が卒業論文発表です!


2013.12.21 忘年会!

お隣の研究室と合同で忘年会を開催しました。森井先生、還暦おめでとうございます!





TEL

新潟大学 農学部

〒950-2181
新潟県新潟市西区
五十嵐2の町 8050番地

農学部事務室
TEL:025-262-6605(学務係)

研究室直通
TEL:025-262-7395