1.  > 
  2.  > 

教員紹介

  • 生物資源科学プログラム
  • 顔写真:平泉 光一
  • 平泉 光一

    准教授

    担当講義:
    生物資源科学

  • グリーティング
  • 研究分野・テーマ
  • 研究業績・略歴
  • アルバム
  • リンク
グリーティング

理系部局にいながらも社会科学(農業経済学)をやっています。 農業は農業者の活動で、農産物とその加工品(食品)は消費者が消費します。農業経済学では、農業者の経営の状況や、消費者の食料の需要動向等について、農業者や消費者という人間の活動(あるいは人間がつくりだしたシステムの振る舞い)として捉えて研究します。 また、農業は、食品産業に原料を供給していますし、肥料や農薬を農業関連産業から購入します。さらに、農業生産は土地と水といった自然資源を利用しますし、環境との関わりがあります。多面的機能といって、国土保全や水源の維持、景観の形成等で、農業は農産物の生産以外でも大きな役割を果たしています。 農業と他産業との関係や、農業が環境に与える影響等を解明・分析することも、農業経済学の重要な研究領域です。 さらに農業は地域との関わりが深い産業です。農村の活性化という視点に立って産業の振興や生活基盤整備という課題への処方箋を考えることも農業経済学の課題になっています。

研究分野・テーマ
近年、研究で取り組んできている主なテーマ
・農業の多面的機能の評価(土地改良事業との関連、機能発現の地域的な差異等)
・農産物のマーケティング(農産物の電子商取引、新品種の適正価格探索等)

近年の卒論のテーマ
・農協の米のマーケティング戦略
・土地改良施設の多面的機能
・砂丘地の畑作の作付体系:新潟市赤塚地区
・水田農業法人におけるモチ加工品のマーケティング
・新潟市におけるJAの転作対応としての園芸振興の取り組み
・新潟県立植物園を例とした公設植物園のマーケティング
・越後平野における土地改良事業と住民意識
研究業績・略歴

福岡県生まれですが、成人するまで、三重県・東京等で育ちました。
大学の学部は九州、大学院は東京で過ごしました。筑波研究学園都市にある国の研究所を経て1996年4月に新潟大学に赴任しました。

・マーケティング手法の導入による水稲品種の評価とその育種的意義--新潟県における紫黒糯米品種「紫宝」への価格感度測定法の適用事例 / 小林 和幸 ; 福山 利範 ; 平泉 光一 育種学研究. 10(1) [2008.3]

・インターネットで農産物を購入する消費者の特徴 / 斎藤 順 ; 平泉 光一 ; 伊藤 亮司 日本農業経済学会論文集. 2007年度

・Verification of Public Credit Programs towards Tea Farmers in Nepal: A focus on the role of ADBN / Amrit Tewari ; 平泉 光一 農業経営研究. 44(3) (通号 130) [2006.12]

・花卉経営における市況情報の役割 / 渡辺 秀明 ; 平泉 光一 農業経営研究. 44(1) (通号 128) [2006.6]

・米のBtoCインターネット販売における競争関係--生産者の流通業者に対する競争優位性の検証 / 斎藤 順 ; 平泉 光一 農業経済研究. 76(3) [2004.12]

・農村の総合的な振興 / 平泉 光一 農業と経済. 70(8) (臨増) [2004.7]

・土地改良事業が農用地の多面的機能に及ぼす影響--整備地区と未整備地区の住民による総体的評価の比較 / 平泉 光一 ; 斎藤 順 農村計画学会誌. 22(-) (別冊) [2003.11]

・農産物のインターネット生産者直販における売上不振とその原因--インターネット調査による米販売の実証分析 / 斎藤 順 ; 平泉 光一 農林業問題研究. 39(1) (通号 150) [2003.6]

・水田地域と畑作地域における農業の多面的機能の差異 / 平泉 光一 圃場と土壌. 35(1) (通号 403) [2003.1]

研究者総覧をご覧下さい

> 研究者総覧:平泉 光一
アルバム
リンク

もっと新潟大学農学部を知りたい方へ

  • 入試資料の請求はこちらから

Copyright (C) 2016 Faculty of Agriculture Niigata University, All Rights Reserved.

Page Top