1.  > 
  2.  > 

教員紹介

  • 生物資源科学プログラム
  • 顔写真:西村 実
  • 西村 実

    教授

    担当講義:
    農業資源を知る、作物学概論、農業統計学、作物学Ⅱ

  • グリーティング
  • 研究分野・テーマ
  • 研究業績・略歴
  • アルバム
  • リンク
グリーティング

平成25年4月1日に農業生物資源研究所から異動してきました。専門はイネの育種、遺伝、作物生理です。大学で教鞭をとるのは初めてです。これまで勤務してきた農林水産省の研究所と大学との研究環境の違いに戸惑うことも多いですが、少しずつ慣れてきました。加えて、自らが学生だった頃と今の学生を取りまく種々の背景や環境の違いにも驚くことばかりです。「当時は今とは異なり、社会全体がまだ貧しかったけれどもいい学生時代を送ることができた」ことを有り難く感じているのも事実です。今の学生さん達に対しては「よく遊び、よく学んで、いろんなことにチャレンジして失敗もたくさん経験してほしい」という願いに尽きます。まさに「艱難汝を玉にす」です。

研究分野・テーマ
研究活動のキーワードは以下の7つです。①イネ、②作物生理、③品種改良、④放射線利用、⑤突然変異、⑥種子成分、⑦ストレス耐性。最初の勤務先は北海道農業試験場です。ここでは寒地イネの育種事業と耐冷性の遺伝、良食味米成分、印度型品種の多収性を寒地イネに導入する研究を主に行いました。続いて農林水産省勤務になり、行政職となりました。国会や米審対応は大変でしたが、今ではいい経験だったと感謝しています。都道府県への研究助成の仕事も経験したことによって実際に農業現場で苦労している人の多くは府県の人々であることを知りました。その後九州農業試験場に移り、暖地イネの育種と高温耐性の研究を行いました。農業生物資源研究所に移ってからは放射線による突然変異体の解析を行いました。研究対象は主にイネで、種子の蛋白質組成およびでんぷん組成、多収性、耐塩性等の基礎的・基盤的研究にシフトしました。本学ではこれまでの研究経歴を踏まえた上で、新潟大学の研究環境の中で可能な研究を行うことを考えています。

  • イネ胚乳蛋白質組成の変異
    イネ胚乳蛋白質組成の変異
  • イネ胚乳アミロースの変異
    イネ胚乳アミロースの変異
  • イネ耐塩性の系統間差異
    イネ耐塩性の系統間差異
研究業績・略歴

最近7カ年の論文、総説、単行本

“Construction of a high-density mutant library in soybean and development of a mutant retrieval method using amplicon sequencing” Tsuda M., Kaga A., Anai T., Shimizu T., Sayama T., Takagi K., Machita K., Watanabe S., Nishimura M., Yamada N., Mori S., Sasaki H., Kanamori H., Katayose Y. and Ishimoto M. BMC Genomics Vol.16, pp1014-1031 (2015)

“A green-cotyledon/stay-green mutant exemplifies the ancient whole-genome duplications in soybean.”
Nakano M, Yamada T, Masuda Y, Sato Y, Kobayashi H, Ueda H, Morita R, Nishimura M, Kitamura K, Kusaba M. Plant Cell Physiol. Vol.55, pp1763-1771 (2014)

“ Identification of the chromosomal region responsible for high-temperature stress tolerance during the grain-filling period in rice” Shirasawa K., Sekii T., Ogihara Y., Yamada T., Shirasawa S., Kishitani S., Sasaki K.,Nishimura M., Nagano K. and Nishio T., Molecular Breeding, Vol. 32, pp223-232 (2013)

“ Identification of a single nucleotide deletion causing frameshift mutation in OsDFR2A in a genic male sterile mutant of rice and its possible application to F 1 hybrid breeding” Shirasawa S, Kifuji Y, Komiya R, Kitashiba H, Nishimura M, Nishio T Molecular Breeding Vol.31,pp805-814 (2013)

“ NYC4, the rice ortholog of Arabidopsis THF1, is involved in the degradation of chlorophyll - protein complexes during leaf senescence. “ Yamatani H., Sato Y., Masuda Y., Kato Y., Morita R., Fukunaga K., Nagamura Y., Nishimura M., Sakamoto W., Tanaka A., Kusaba M., Plant Journal, Vol. 74 , pp.652-662 (2013)

“Proteomic analysis of the flooding tolerance mechanism in mutant soybean” Komatsu S., Nanjo Y., Nishimura M., Journal of Proteomics Vol. 79(21), pp.231-250 (2013)

“LAX PANICLE2 of rice encodes a novel nuclear protein and regulates the formation of axillary meristems “ Tabuchi H, Zhang Y, Hattori S, Omae M, Shimizu-Sato S, Oikawa T, Qian Q, Nishimura M, Kitano H, Xie H, Fang X, Yoshida H, Kyozuka J, Chen F, Sato Y, The Plant Cell Vol.23(9) pp.3276-3287 (2011)

“ 飼料用水稲品種「モミロマン」の育成 ” 平林秀介、根本博、安東郁男、加藤浩、太田久稔、佐藤宏之、竹内善信、石井卓朗、前田英郎、井邊時雄、出田収、平山正賢、岡本正弘、西村実、八木忠之、梶亮太 作物研究所研究報告  Vol.11 pp.31-47 (2010)

” A rice mutant sensitive to Al toxicity is defective in the specification of root outer cell layers “ Huang C-F, Yamaji N, Nishimura M, Tajima S, Ma J.F Plant and Cell Physiology Vol.50(5):976-985 (2009)

“Development of PCR markers to detect the glb1 and Lgc1 mutations for the production of low easy-to-digest protein rice varieties “ Morita R, Kusaba M, Iida S, Nishio T, Nishimura M Theoretical and Applied Genetics Vol.119(1):125-130 (2009)

“Molecular characterization of mutations induced by gamma irradiation in rice” Morita R, Kusaba M, Iida S, Yamaguchi H, Nishio T, Nishimura M Genes & Genetic Systems Vol.84(5):361-370 (2009)

“Defect in non-yellow coloring 3, an α/β hydrolase-fold family protein, causes a stay-green phenotype during leaf senescence in rice “ Morita R, Sato Y, Masuda Y, Nishimura M, Kusaba M The Plant Journal Vol.59(6):940-952 (2009)

“Two short-chain dehydrogenase/reductases, NON-YELLOW COLORING 1 and NYC1-LIKE, are required for chlorophyll b and light-harvesting complex II degradation during senescence in rice” Sato Y, Morita R, Katsuma S, Nishimura M, Tanaka A, Kusaba M The Plant Journal Vol.57(1):120-131 (2009)

■総説

“放射線による突然変異と育種” 西村実 電気評論 (564):13-18 (2011)

“Utilization and molecular characterization of seed protein composition mutants in rice plants” Nishimura M, Morita R, Kusaba M Japan Agricultural Research Quarterly Vol.43(1):1-5 (2009)

■単行本

“イネ種子貯蔵タンパク質の改変” 西村実 種子の科学とバイオテクノロジー 7(2-2):211-215 (2009)

> 研究者総覧:西村 実
アルバム
  • 2016 日本作物学会(龍谷大学農学部)
    2016 日本作物学会(龍谷大学農学部)
  • 2016 桜の木の下で
    2016 桜の木の下で
リンク

もっと新潟大学農学部を知りたい方へ

  • 入試資料の請求はこちらから

Copyright (C) 2016 Faculty of Agriculture Niigata University, All Rights Reserved.

Page Top