1.  > 
  2.  > 

教員紹介

  • 生物資源科学プログラム
  • 顔写真:吉田 智佳子
  • 吉田 智佳子

    助教

    担当講義:
    基礎農林学実習AおよびB、乳牛の生産と管理、動物生産学実験実習IおよびII

  • グリーティング
  • 研究分野・テーマ
  • 研究業績・略歴
  • アルバム
  • リンク
グリーティング

私が勤務する農学部附属フィールド科学教育研究センター村松ステーション(農場)では、牧草を生産し、乳牛を育て、生乳を搾り、そして糞尿を牧草地に還元する「資源循環型」酪農を実践しています。実習では、乳牛の飼養管理や繁殖検診等を行います。家畜人工授精師の資格取得のための実習もあります。酪農教育ファームの認証牧場として、子供たちや市民向けの酪農体験を随時行っています。人間は、乳牛からたくさんの乳をもらっています。 乳牛(♀)の健康を保ち、妊娠して元気な子牛を産むように管理するのが「家畜繁殖学」です。 乳牛の能力を引き出すには、牛と人との関係が良好であること、牛が生きる環境を適正にすること-カウコンフォート(牛の快適性)-が重要です。土→草→乳牛→土の適切な管理も持続的な酪農には欠かせません。 「土からいのちをいただいて生きる」。農学を農場で探究中です。

研究分野・テーマ
近年の卒論・修論の研究テーマ
(1)繁殖学
・乳牛における分娩後の卵巣機能回復状況別の卵胞発育の実際
・異なる牛床素材の分娩房での分娩牛の行動観察
・簡易乳中プロジェステロン測定法の開発とタイストールでの乳牛の発情行動
・移行期の乳牛へのエゴマ搾油残渣給与試験
(2)カウコンフォート
・異なるタイストール牛舎におけるカウタイムバジェットおよび快適性の解析
・乳牛における簡易な暑熱ストレス対策法の開発
(3)皮膚と被毛の組織学
・乳用育成牛の生育段階での毛の表面構造の解明
・乳牛の分娩前後の栄養状態と被毛の表面構造の関係
・乳用育成牛の生育に伴う皮膚組織の変化の解明
・乳牛の栄養状態が皮膚組織に与える影響の解明
研究業績・略歴
アルバム
  • (牧場実習)牧草収穫見学
    (牧場実習)牧草収穫見学
  • 1年生演習で牛乳飲み比べ
    1年生演習で牛乳飲み比べ
  • 小学生の酪農体験
    小学生の酪農体験
  • 村松ステーション放牧風景
    村松ステーション放牧風景
  • 羊の毛刈り(実習)
    羊の毛刈り(実習)
  • 酪農家見学
    酪農家見学
リンク

もっと新潟大学農学部を知りたい方へ

  • 入試資料の請求はこちらから

Copyright (C) 2016 Faculty of Agriculture Niigata University, All Rights Reserved.

Page Top