1.  > 
  2.  > 

教員紹介

  • 応用生命科学プログラム
  • 食品科学プログラム
  • 顔写真:三ツ井 敏明
  • 三ツ井 敏明

    教授

    担当講義:
    生物化学Ⅰ、酵素化学、生物化学実験

  • グリーティング
  • 研究分野・テーマ
  • 研究業績・略歴
  • アルバム
  • リンク
グリーティング

私が農学部応用生物化学科で担当している教育研究は生物化学という基礎分野です。私の研究スタンスは、生命現象を分子、細胞レベルで解き明かし、その研究成果を応用研究につなげるというものです。私の研究室が得意とする研究手法・技術は、細胞分画による細胞内オルガネラの単離、機能解析、質量分析によるタンパク質や糖鎖解析、並びに共焦点レーザー顕微鏡を用いたバイオイメージングなどがあります。これらを駆使して、新しい生命現象を見いだし、そのメカニズムの詳細を解明しようと日夜研究に取り組んでいます。近年、地球温暖化に伴うイネ登熟期の異常高温による白濁粒(高温被害米)発生が良質米生産地域でも多発しています。今後さらに高温被害米が増加することが懸念されており、高温ストレスに強いイネの開発が望まれています。私たちはイネにおけるデンプン代謝制御に興味をもって研究を行っています。この基礎研究から得られた知見がイネへの高温抵抗性の付与技術の開発に貢献しつつあります。私たちの研究に興味がある方の研究室訪問を歓迎します。

研究分野・テーマ
私の研究分野は植物生化学・分子細胞生物学であり、主な研究テーマはイネにおけるデンプン代謝制御です。現在、以下のようなプロジェクト研究を行っています。
1.イネα-アミラーゼの細胞生物学:
イネのα-アミラーゼは典型的な分泌性酵素であり、発芽穀類種子の胚乳に蓄積されている貯蔵デンプンの分解において最も重要な役割を果たすことは良く知られている。しかし私達は、分泌性糖タンパク質α-アミラーゼが生細胞のプラスチド中のデンプン分解にも関与することを明らかにした。さらに、α-アミラーゼをはじめとするタンパク質のゴルジ体-葉緑体間輸送の存在を明らかにし、現在、その詳細なメカニズムの解明に取り組んでいる。
2.イネの高温・高CO2応答に関する研究:
 高温・高CO2環境下によって生じる白濁粒発生の分子メカニズムを明らかにし、白濁粒発生に関わる遺伝子の発現を制御することによる高温・高CO2抵抗性の付与技術の開発を進めている。
3.イネデンプン生合成制御に関わる新規酵素ヌクレオチドピロホスファターゼ/ホスホジエステラーゼ(NPP)に関する研究:
 イネにおいてADP-グルコースを分解する新規酵素NPP1を発見し、その遺伝子を世界ではじめて同定、単離した。これまでに、6種類のNPP遺伝子を同定し、その酵素学的諸性質を明らかにした。現在、NPP過剰発現体や遺伝子破壊変異体を作出、解析し、デンプン集積・光合成・植物体成長におけるNPPの重要性を検証している。
研究業績・略歴
アルバム
  • KAAB国際共同研究
    KAAB国際共同研究
  • KAAB国際交流
    KAAB国際交流
  • KAAB国際交流
    KAAB国際交流
リンク

もっと新潟大学農学部を知りたい方へ

  • 入試資料の請求はこちらから

Copyright (C) 2016 Faculty of Agriculture Niigata University, All Rights Reserved.

Page Top