1.  > 
  2.  > 

教員紹介

  • 流域環境学プログラム
  • フィールド科学人材育成プログラム
  • 顔写真:中田 誠
  • 中田 誠

    教授

    担当講義:
    森林環境論、温暖化メカニズム・影響学、土と水

  • グリーティング
  • 研究分野・テーマ
  • 研究業績・略歴
  • アルバム
  • リンク
グリーティング

森林を中心とした生態系とそれを取り巻く環境との関わりを多様な視点から研究しています。研究対象の範囲が広く、植物と環境(土壌、水、大気、気象)に関する研究のほか、鳥類、昆虫類、微生物も対象としてきました。
テーマによって実験室で分析を行う場合もありますが、基本的にフィールドを重視します。植物やさまざまな生き物、それらの生息環境を現場で見て、考え、それらの役割や相互の関係を感じ取ってもらうことが重要です。その際に必要となるのは、教科書や授業で学ぶ生態学や環境に関する基礎的な知識です。また、フィールドワークをこなす忍耐力や熱意も重要です。

研究分野・テーマ
●佐渡島の棚田復元ビオトープにおける希少動植物の生態と保全に関する研究
●海岸林における常緑広葉樹の分布拡大と温暖化との関係の研究
●海岸林における鳥類群集と気候変動・森林遷移との関係の研究
●森林集水域における大気汚染物質の観測と生態系影響評価
●森林集水域における同位体分析を用いた物質動態に関する研究
●ブナ林土壌の窒素動態とそれに及ぼす気候変動の影響評価
●木製グライド防止工を用いた多雪急傾斜地における森林造成
研究業績・略歴
アルバム
  • 野外観察の様子
    野外観察の様子
  • 佐渡島の棚田復元ビオトープ
    佐渡島の棚田復元ビオトープ
  • 海岸林に生育する常緑広葉樹
    海岸林に生育する常緑広葉樹
  • 海岸林に生息するコゲラとアカゲラ
    海岸林に生息するコゲラとアカゲラ
  • 森林での大気汚染物質の観測
    森林での大気汚染物質の観測
  • グライド防止工を用いた森林造成
    グライド防止工を用いた森林造成
リンク

もっと新潟大学農学部を知りたい方へ

  • 入試資料の請求はこちらから

Copyright (C) 2016 Faculty of Agriculture Niigata University, All Rights Reserved.

Page Top