1.  > 
  2.  > 

教員紹介

  • 流域環境学プログラム
  • フィールド科学人材育成プログラム
  • 顔写真:望月 翔太
  • 望月 翔太

    助教

    担当講義:
    流域環境GIS、GIS・リモートセンシング演習

  • グリーティング
  • 研究分野・テーマ
  • 研究業績・略歴
  • アルバム
  • リンク
グリーティング

野生動物管理学と景観生態学が専門です。広域空間スケールを対象とした生態系管理を大きな研究テーマとしています。現地での野生動物の調査に加え、GISやリモートセンシング、統計モデルといった技術を活用したデータ分析から「被害が起きやすい農地」や「動物が好んで利用する環境」を明らかにします。整備された地図情報をもとに、地元集落に何回も足を運び、集落の方たちと話し合って解決方法を探します。ニホンザルやツキノワグマ、ニホンジカ、イノシシなどの中型・大型哺乳類や、トキやライチョウなどの希少生物も研究対象です。大学内外の様々な分野の人が繋がり、野生動物の問題に取り組んでいます。皆さんも是非、このコミュニティの輪に入ってみませんか?多くの人との出会いを約束します。

研究分野・テーマ
1. ニホンザル農作物加害群を対象にした景観生態学的研究
 農作物を食い散らかすニホンザルを調査し、被害農地の環境を分析することによって、どのような農地に被害が発生するかを予測する事が出来ます。ここで得られる地図情報をもとに、どこを重点的に守るべきか、集落で継続して取り組んでいく対策について考えています。

2. イノシシ由来の水稲被害発生要因の解明
 かつては、積雪の影響から、新潟県ではイノシシの生息は困難だと考えられてきました。しかし、気候変動やイノシシ個体数の増加に伴い、イノシシの分布は北上しています。水稲が主要な農作物である新潟県にとって、水田を踏み荒らすイノシシの分布拡大は大きな驚異となります。この問題の予防的な措置として、今後のイノシシの分布拡大過程や、イノシシがどのような環境で水稲を荒らすかを研究しています。

3. ツキノワグマの行動特性と生息地利用
 クマといえば、「森のくまさん」「プーさん」「くまもん」とかわいいイメージが先行していますが、実際には森で出会いたくない動物です。クマの里地への出没は森の餌(ブナやナラといったドングリ)の実り具合と関連する事がわかっています。そこで、クマに一年を通してGPS発信器を取り付け、その行動を追跡し、どのようなエリアで人間との軋轢が生じるかを予測しています。

4. ライチョウの保全を目的とした自然再生
 日本のライチョウは、世界で最南端に生息しています。そのため、世界中からライチョウ保全に関する取り組みが注目されています。近年の気候変動により、ライチョウの生息環境は悪化し、個体数も減少しています。ライチョウの保全のために、分布推定や行動特性を明らかにして、ライチョウ保全に向けた自然再生手法を考えていきます。
研究業績・略歴
アルバム
  • 車内から撮影。車が通っても逃げません。
    車内から撮影。車が通っても逃げません。
  • ニホンザルのコドモ。かわいいけど威嚇しています。
    ニホンザルのコドモ。かわいいけど威嚇しています。
  • 集落研修会の様子。多くの場所で何回もやります!!(NPO法人新潟ワイルドライフリサーチで検索)
    集落研修会の様子。多くの場所で何回もやります!!(NPO法人新潟ワイルドライフリサーチで検索)
  • ツキノワグマに装着したGPS首輪の回収。私は一番右でバテています。
    ツキノワグマに装着したGPS首輪の回収。私は一番右でバテています。
リンク

もっと新潟大学農学部を知りたい方へ

  • 入試資料の請求はこちらから

Copyright (C) 2016 Faculty of Agriculture Niigata University, All Rights Reserved.

Page Top