1.  > 
  2. 農学部紹介

農学部紹介

学部長挨拶

農学は「食料」「生命」「環境」を支える総合科学です。

新潟大学農学部長 渡邉剛志
新潟大学 農学部長
渡邉 剛志

新潟大学農学部は、食料生産と環境保全に関する幅広い基礎学力と総合的応用力を備え、我が国のみならず世界で活躍できる、創造性豊かで広い視野を持った人材を育てることを教育目標にしています。

今日の農学は、単なる食料生産だけでなく、「生命」「食料」「環境」に関する様々な問題に取り組み、それらを支えるまさに総合科学です。新潟大学農学部でも、農林畜産物の生産・加工・流通、生命現象の解明や生物の様々な機能の開発と応用、食品の機能性や新たな加工技術、地域環境・地球環境の理解と保全などに関する幅広い、そして先端的な教育研究が行われています。農学部の教育研究内容は多岐に渡りますが、それらがみな、今日人類が直面している人口問題、食料問題、環境問題、エネルギー問題など様々な問題の解決に重要なものとなっています。

新潟は、山から平野、そして海に至る多様で豊かな自然環境に恵まれています。また、美味しいお米や様々な農産物を産出する日本有数の食料生産地帯であり、さらに1,000社以上の食品関連産業を擁する我が国で代表的な「食づくり」地域です。そのような新潟にある新潟大学農学部は、農学部として理想的な場に立地していると言うことができます。新潟大学農学部では、このような恵まれた環境にあることを活用して、総合科学である農学諸分野の基礎から応用に至る幅広い教育研究、新潟の特徴と地域性を生かした特色ある教育研究、そしてバイオテクノロジー分野などの先端的な教育研究を推進します。そのような教育研究を通じて、食料生産と環境保全に関する幅広い基礎学力と総合的応用力を育み、地域や社会の様々な問題に対応できる問題解決能力と高い倫理観を有し、我が国のみならず広く世界で活躍できる人材を育成しようと努めています。

基本理念

農学部は、21世紀における「持続的な農業の発展と環境の保全」を目指し、総合的な教育研究を弾力的に推進・発展させるため、以下のような目標を掲げています。

  1. 1.生物生産産業の発展、自然環境との共生に向けて、最新のバイオテクノロジーや情報科学等の科学技術を導入しつつ、多様化する社会の要請に柔軟に対応し得る教育・研究体制の確立
  2. 2.地域農業の生産性の向上や農林業を基幹とした農山村の振興等に貢献する教育研究
  3. 3.国際的な視野を持ち、基礎科学と応用技術を活用できる人材の養成
  4. 4.学際的な研究の活性化及び地域貢献型プロジェクト研究の推進

もっと新潟大学農学部を知りたい方へ

  • 入試資料の請求はこちらから

Copyright (C) 2016 Faculty of Agriculture Niigata University, All Rights Reserved.

Page Top