1.  > 
  2.  > 

教員紹介

  • フィールド科学人材育成プログラム
  • 顔写真:松岡 史郎
  • 松岡 史郎

    教授

    担当講義:
    化学基礎B
    環境分析化学
    地球環境化学 

  • グリーティング
  • 研究分野・テーマ
  • 研究業績・略歴
  • アルバム
  • リンク
グリーティング

さまざまなサンプルの中にどのような成分がどの程度存在しているのか、またどのような状態で存在しているのかを、化学的に調べるための原理や方法を研究する分析化学が専門です。その中でも、天然水の中に溶けている超微量金属元素(25 mプールに小さじ1杯~耳かき1杯程度の成分を溶かした濃度に相当)の簡単かつ正確な分離・分析法開発が研究の中心になります。開発した分析法を実際の天然水分析に適用することで、天然水に溶けている成分の濃度や化学状態が、自然の仕組みの中でどのように変化していったのかを知ることもできます。濃度だけでなく化学状態まで正確に調べるための分析法開発にはかなりの困難が伴いますが、ぜひ一緒にチャレンジしてみましょう。

研究分野・テーマ
1:固相を特殊な反応場として用いる新たな分析法開発
 イオン交換体や架橋デキストランなどの固相の中では、溶液の中では起こりにくい化学反応が容易に進行することが知られています。これらの固相を濃縮・定量・特殊な化学反応場として用いる、正確さに優れた溶存超微量成分の酸化状態別分析法の開発を行っています。

2:藻場の磯焼けと,海水中の溶存鉄化学種濃度との関連についての研究
 海藻が石灰藻にとって代わり藻場から消失する「磯焼け」が国内で広がりを見せており、沿岸漁業に深刻な被害を与えています。この磯焼けの原因の一つとして海水に溶けている鉄濃度の減少が考えられていますが、どの鉄化学種が藻類の生育に影響を与えるのか、藻場の再生に必要な鉄化学種濃度はどの程度であるのか等の情報はこれまで得られていません。本研究では、測定の困難な沿岸海水中の溶存鉄化学種に関して正確さに優れた酸化状態別定量法の確立し、磯焼けの顕著な沿岸域と磯焼けの観測されない沿岸域における溶存鉄分析に適用することで、藻場の生育に必要な鉄化学種の化学形態や濃度についての知見を得ることを目的としています。

3:On-site(現場)における超微量成分分析法開発
 天然水中に存在する微量金属元素の中には、試料を採取して容器に保存し、さらに測定に供するまでの間にその化学状態が変化してしまうものがあります。したがってこれら金属元素の天然水中での溶存状態を正確に知るためには、試料採取現場で分析まで行うことが必要になります。本研究では、ただでさえ測定の困難な超微量金属元素の化学状態別濃度を、試料採取地点でも測定できるほど簡便な装置や操作で行える分析法の開発を目指しています。
研究業績・略歴
アルバム
  • フォトダイオードアレーを用いた微量分析
    フォトダイオードアレーを用いた微量分析
  • 原子吸光分析装置による主成分分析
    原子吸光分析装置による主成分分析
リンク

もっと新潟大学農学部を知りたい方へ

  • 入試資料の請求はこちらから

Copyright (C) 2016 Faculty of Agriculture Niigata University, All Rights Reserved.

Page Top